【体験談】WordPressテーマはSWELLがオススメ!(ブログ初心者・これから始める人必見!)

【体験談】WordPressのテーマはSWELLがオススメ!(ブログ初心者・これから始める人必見!)

みなさん、こんにちは!Yukikoです。


この記事では、WordPressの有料テーマ「SWELL」について紹介していきます!

  • WordPressのテーマをどれにしようか迷っている方
  • SWELLに興味があるけど一歩踏み出せずにいる方
  • 無料テーマから有料テーマへの移行を考えている方


に向けて、私の体験談をもとに「SWELLに関するいろは」をこの記事で紹介していきます!


WPテーマ選びの判断材料としてぜひご参考ください!

この記事が面白いと思った方は、記事の終わりにあるいいねボタンのクリックをお願いします!

目次

SWELLを選んだワケ

現在このブログはSWELLを使用していますが


このブログを立ち上げた時は、無料テーマのCocoonを使用していました。

(Reference:Cocoon公式ホームページ)


Cocoonの良いところは、ブログ運営で必要な機能を無料で使えるところ


ブログを始めた当初は、私自身Cocoonで事足りていました。


しかし、ブログ運営に慣れていくと


徐々にCocoonでは物足りなさを感じるようになりました。


そして、色んなブログのデザインを参考に見ていたところ


私が「いいな〜」と思うブログ全てにSWELLが使われていました。


(Reference: SWELL公式サイト)
SWELLのデモサイトを見たい方はコチラ



色々と悩んだ末、今後のブログ活動のことも考えて


先日、思いきってCocoonからSWELLへ移行しました。


SWELLを使用し初めて1ヶ月以上経過しましたが、SWELLへ移行して大変満足しています!


以下、私が感じたSWELLに関するメリットとデメリットをお話ししていきます。

SWELLのいいところ

シンプルなデザインで細部までオシャレ

これはSWELLを代表する特徴ではないでしょうか。


SWELLを使っているブログのデザインはどれを見てもオシャレなんですよね。


フォントやラインから、色の濃さなど


気づかないような小さな部分で実はこだわりが散りばめられている


まさにApple製品のようなシンプルさを追求したデザイン性の高さをSWELLから感じられます。

オシャレなブログデザインの方が読者にとっても楽しめますしね。

本文装飾の種類がたくさんある

ブログは内容がもちろん大事なのですが、それと同じくらい大事なのが「装飾」です。


どれだけ良い内容を書いていたとしても、文字がズラっと並ぶようなブログは読みにくく


読者を飽きさせてしまう可能性があります。


読者の集中がずっと続くような記事を書くためには、「装飾」も一つ大事な要素なんです。

実は「改行」にもこだわっているのがこのブログ


SWELLには、多彩な装飾機能があり、それは具体的に挙げ出すとキリがないほどですが


例として一つだけ選ぶとすると「段落ブロックの装飾の多さ」が挙げられます。

全部で24種類あるよ!


大事なことを言うときや

注意を促す時

良い点や

悪い点を伝える時

おすすめの本の紹介や

コメントを添えるときなど

こんな感じで本文を装飾することができます!

感覚的に使える

SWELLには、オシャレでデザイン性の高い機能が豊富にあるので


HTMLやCSSなどのコードをわざわざ使用する必要はなく


マウス操作のみで感覚的に記事を書いていくことができます。


それもそのはず、SWELLは「ブロックエディター」に完全対応したWPテーマだからです!

表示速度が速い

ブログの表示速度って実はすごく大事なんですよね。


表示速度が遅いと読者は待ってくれないので、記事を読むことなく離脱してしまうからです。

smartphone


読者にちゃんと記事を読んでもらうための一つの工夫として、ブログの表示速度を上げることが大事です。


またブログの表示速度が速いと、ドメインパワーも上がるのでネット検索で上位に上がりやすくなります。


この表示速度に関して、SWELLのサイトスピードはとても速く


私のブログで言うと、CocoonよりもSWELLの方が段違いで表示スピードは速いです。

SWELLのデメリット

値段が少し高め

SWELLの価格は17,600円と、相場よりも少し高めです。


以下ブロガー界隈でわりと人気のあるWPテーマの価格表ですが


その中でもSWELLは3番目に値段が高いです。


私もCocoonからSWELLへの移行を考えていたときに


唯一ひっかかったのが、値段についてです。


元々無料のCocoonを使っていたこともあり、本音を言うと17,600円はお財布的にも少しキツかったです。


しかし、いざSWELLを使い始めてわかったことがあります。それは。。。


17,600円でも安いんじゃないかな?と思うほど、デザイン性&機能性ともに優れている


ということを実感しました。


また、SWELLは買い切り型なので、一旦17,600円でテーマを購入すると


それ以降の支払いはありません!


SWELLは購入したことを後悔させない逸品です!

情報が少ない

SWELLの開発は2019年3月とわりと新しく、2020年頃から徐々に人気が出始めたようです。


そのため、CocoonやJINなど他のテーマと比較すると


SWELLに関するネット上の情報は少ないように見受けるので


機能面でわからないことが起こったときに、内容によっては


ネット検索で情報が見つからないこともあり得ます。


しかし、SWELLには購入者のみ利用できるSWELLERS’というサイトがあり


その中にあるフォーラムでSWELLに関する質問および回答が確認できます!


(Reference: SWELLER’S)


また、SWELLERS’ではSWELLに関する質問だけではなく


不具合の報告やSWELLに対する要望など、さまざまな情報交換ができるようになっているので


SWELLER’Sの活用で十分な情報を得られると思います!

他テーマからSWELLへ移行する場合はできるだけ早くした方がいい

すでに他テーマでブログを運営しており、SWELLが気になり始めていらっしゃる方は


できるだけ早めにSWELLへ移行することをおすすめします!



SWELLは、他テーマからSWELLへ移行する際の「乗り換え用プラグイン」があるので


大きなデザイン崩れが起こることなく、SWELLへ移行できます。


特に、ブログのトップページに関しては


私の場合はデザインの型崩れがほとんどなく、ほぼそっくりそのままSWELLへ移行できました。


乗り換え用プラグインがあるテーマ
  1. JIN
  2. SANGO
  3. STORK19
  4. Cocoon
  5. THE THOR
  6. AFFINGER5


しかしながら、ブログ記事に関しては


読めないほどの型崩れは無いものの、やはりリライトが必要になります。


そして、このリライト作業に結構時間がかかる可能性があります。

クラシックエディタからブロックエディタへ変更する場合

SWELLへ移行する前は、Cocoonでクラシックエディタを使用していたのですが


SWELLへ移行後は、ブロックエディタを使用して記事のリライトをしました。


しかし、いざブロックエディタを使い始めると


最初の頃は使い方が全くわからなかったので


ブロックエディタの使い方を調べながらリライトを進めることになりました。


使い方を学びながらリライト作業を進めたので、時間がかかりました

WordPress.org
Classic Editor Enables the previous "classic" editor and the old-style Edit Post screen with TinyMCE, Meta Boxes, etc. Supports all plugins that extend this screen.

SWELLを使用される方は、個人的にはクラシックエディタよりブロックエディタの使用をおすすめしますが、クラシックエディタを継続して使いたい方は、こちらのプラグインでできます。

リライトする記事が数十記事になる場合

私がCocoonからSWELLへ移行したときは


記事数が43記事もあり、リライト作業は想像以上に大変でした。


慣れないブロックエディタで、コツコツリライトを進めていましたが


結局全記事のリライトが終わったのが、テーマを移行してから約3週間後でした。

平日夜&土日でリライトを進めていたので、これだけ時間がかかってしまいました

(参考)本文装飾で崩れたデザイン

私がCocoonからSWELLへ移行した際に、本文装飾で崩れたり機能が移行されなかったものは以下の通りです。

デザイン内容
ふきだしふきだし部分が縦に長くなる
マーカーマーカーした箇所が全部消える
画像サイズサイズが変わる
改行改行の幅(もしくは数)が少し変わる
ブログカード一部のURLはカードにならず、リンクが消えた状態になる
SNSの埋め込み一部のSNS埋め込みが上手く反映されない状態になる
アフィリエイト広告URLアフィリエイト広告のリンクが消えて、ただの画像や文字の状態になる

見栄えに関しては、大きくデザインが崩れるようなことはそんなにないと思うので


急いで修正する必要はないと思いますが


URLやアフィリエイト広告のリンクが削除されている場合は、できるだけ早めに修正対応しましょう!

SWELLへ移行して〇〇が大幅アップ!

CocoonからSWELLへ移行後、全記事をリライトするのに時間がかかり


3週間も更新がストップしてしまいましたが


SWELLへ移行して後悔なし&大満足しています。

これはCocoonが悪いんじゃなくSWELLが良すぎるという意味で。。。


私が自信を持ってSWELLをおすすめする理由は


私自身、CocoonからSWELLへ移行して


検索流入が大幅に増えて、閲覧数が増加したからです!

SWELLへ移行した次の日から、検索流入が急増しました!


私のブログは、毎度記事を更新後


Twitterなどの各SNSで告知をしていたので、閲覧数のほとんどがSNSからの来訪でした。


また日によっては、来訪者および閲覧数が0のときもありました。


しかし、SWELLに移行してから、検索流入での来訪者が急増し


今ではSNSからの来訪者をおさえて、ダントツトップの来訪者数です。


そして、SWELLへ移行してから投稿頻度は少なくなっているにもかかわらず


来訪者数および閲覧数は増えていく一方です。

(まとめ)SWELLに向いている人・向いていない人

ここまでSWELLに関して、色々と紹介してきましたが


まとめとして、SWELLに向いている人&向いていない人は以下の通りです。


SWELLに向いている人

  • シンプルでおしゃれなブログを手軽に運営したい人
  • ブログの閲覧数を増やしたい人


SWELLに向いていない人

  • ブログをこれから始めるもしくは始めたばかりで、長く続けられる自信があまりない人
  • 17,600円はやはり高額だと思う人


私も最初はブログについて右も左もよくわからなかったですし


過去に一度ブログの更新を挫折したこともあり


とりあえず最初は無料テーマでいいかと思い、Cocoonにしました。


そして、Cocoonで「ブログのいろは」を学び、ブログの楽しさを実感し


「もっと良いブログを作りたい」
「ブログ運営を頑張っていける自信がある!」


と思えたので、17,600円払う覚悟ができました。


そのため、現段階でまだSWELLを使う勇気が出ない人は、無料テーマからで大丈夫だと思います!


ただし、SWELLへの移行は早ければ早いほどラクなので


目安として、だいたい20記事ほど更新した頃には


SWELLへ移行しておいた方がいいと思います。


「一人で移行作業をするのは大変そう。。。」


と不安な方は、ココナラで移行作業を手伝ってくれる人を探すのもアリですね。

おしゃれなWordPressブログ作成代行します 初めての人も安心!納品後1ヶ月しっかりサポートします!


この記事を読んで、SWELLを使ってみたいなと思った方は


ぜひコチラから!

SWELLを使って楽しくブログ運営をしていきましょう〜!

 いいねお願いします 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの純ジャパ。
日本の大学を卒業後日本で4年半社会人生活を送り、渡米。ニューヨークにある大学院を卒業後、就職でミシガンへ。企業で働きながら、ミシガンライフを謳歌中。

コメント

コメントする

目次
閉じる