家にいながらニューヨークを楽しもう!ニューヨークが舞台のオススメ映画8選

English

みなさん、こんにちは。Yukikoです。

 

 

あっという間に12月に入りましたね〜。毎年一年過ぎるのが本当にあっという間です。

 

 

毎年12月は、ある時期をさかいに私の中で特別な月になりました。

 

 

なぜかというと、2015年の12月に初めてニューヨークを訪れたことがきっかけで、その後の人生が大きく変わったからです。

 

 

たまたま見た映画の舞台がニューヨークで「なんかニューヨーク良さそう!」と思い、その2ヶ月後には単身ニューヨークに独りで訪れました。

 

ちなみにこの時は、独りニューヨークでクリスマスを過ごしました。(しかもお店はほとんど閉まっていました。笑)

 

 

今はまだ気軽に旅行もしづらいですよね。。。

 

ましてや海外旅行なんて、かなりハードルが高い。。。

そんな時でも「家にいながらニューヨークの街を楽しんでもらえたらなあ」という想いで

 

 

ニューヨークに2年住んでいた私がオススメするニューヨークが舞台の映画8選をお届けします。。。!

 

この記事が面白いと思った方は、記事の終わりにあるいいねボタンのクリックをお願いします!

スポンサーリンク

ニューヨークが舞台の映画

私の人生を変えた映画

 

これは別の記事でも話していますが「マイ・インターン」は、私の運命を大きく変えた今でも心に残る大切な映画です。

 

 

【あらすじ】
ニューヨークでファッションオンラインサイトを経営しているジュールズ。そして、ジュールズの会社にシニアインターンとして入社した70歳のベン。CEOとしてバリバリ働くジュールズに、仕事と家庭であらゆる試練が降りかかる。そんな中、人生経験豊富なベンのサポートでジュールズは数々の問題を解決していく。仕事にプライベートに一生懸命なジュールズとベンと仲間達の人間模様を描いているヒューマン映画。

 

 

CEOとしてバリバリ働き、仕事と家庭を両立しているジュールズと

 

 

いくつになっても挑戦し、色んな人の気持ちを理解しサポートできるベン

 

 

彼らの姿を見て彼らみたいにいつまでも情熱を持ち続けて、自分の人生を一生懸命生きる人になりたい!」と思いました。

 

 

映画内で出てくるモダンかつインダストリアルでおしゃれなジュールズのオフィスは、ブロンクスにある写真スタジオで撮影されたようです。

 

 

その他、ジュールズの自宅や映画内で出てくるカフェやバーはブルックリンにあるそうです。レンガ造りの建物で緑が多い街並みから、洗練されたオシャレさを感じます。

 

 

仕事や人生に悩んでいる方、ニューヨークのモダンな街並みを楽しみたい方にオススメの映画です!

 


ファッション×ニューヨークと言えば

ファッションの映画と言えば、ど定番ですが「プラダを着た悪魔」ですね!

 


 

この映画の主人公であるアンディを演じているのも、実はアン・ハサウェイなんです!

 

 

【あらすじ】
ジャーナリスト志望のアンディは、ひょんなことからファッション誌を担当することに。そのファッション誌の編集長であるミランダは、仕事へのこだわりと厳しさで有名で、アンディに次々と無理難題をふっかける。最初はそこまでやる気のなかったアンディだったが、上司の期待に答えるべく、ファッションの勉強をし、アンディ自身もオシャレにこだわるようになるなど、少しずつ変化を遂げていく。

 

 

プラダを着た悪魔も、女性のキャリアや仕事ぶりにフォーカスしています。仕事に恋に一生懸命なアンディの姿に共感する人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

映画内では、タイムズスクエアや7thアヴェニューなど、ニューヨークを象徴する観光地がたくさん出てきますよ!

 

負けず嫌いでミランダに一生懸命に食らいついていくアンディを応援したくなりますね。。。!

 

ファッション業界に興味がある人や、ニューヨークのド定番の観光地を見たい人にオススメの映画です!

Times square

 

シングルライフを謳歌するニューヨーカーたち

 

ニューヨークは、自然と自立心が養われる場所だと思います。

 

 

世界屈指のビジネスの街ニューヨークに暮らす人達は、仕事や日常生活に目標を持って生きている人が多いため

 

 

わりと自分の機嫌は自分でとり、自分で自分を楽しませる人が多くいるように思います。

 

 

「ワタシが私を見つけるまで」はニューヨークで楽しく暮らす若者たちの「異性や恋人に依存しない生き方」を描いています!

 

 

【あらすじ】
大学を卒業したアリスは、都会の生活を経験したくなり、長く付き合った彼と別れ、ニューヨークへ引っ越す。そして、職場の同僚のロビンと仲良くなったアリスは、ロビンから大都会の遊び方を教わる。徐々に都会の生活に慣れていくなか、寂しさを紛らわすために異性に依存するアリス。恋に異性に翻弄されるアリスに、ロビンや仲間達が教えたこととは…?

 

人間誰しも一度は、寂しさを埋めるために誰かに依存したことがあるのではないでしょうか。

 

 

異性や恋人に振り回されるのではなく、自分の足で立って生きている人はとても魅力的ですよね。

 

 

この映画を見ると「精神的にも経済的にも誰かに依存しない生き方ってかっこいいなあ」と思うようになりますよ!


 

男女の友情は成立するのか

シンガーソングライターとして有名なジャスティン・ティンバーレイクと、ブラックスワンで一躍人気となったミラ・クニスがメインキャストの映画「ステイ・フレンズ」

 

 

ジャスティン演じるディランはロサンゼルス出身で、ミラ演じるジェイミーはニューヨーカーの設定なので

 

 

映画内では、よく「ロサンゼルスとニューヨークの違いやそれぞれの特徴」について話をしています。ニューヨークの街並みだけではなく、文化についても知れるのがこの映画のポイントですね。

 

 

【あらすじ】
ロサンゼルス出身のディランは女性に深入りすることが苦手。一方、ニューヨーカーのジェイミーはロマンティックな恋愛を求めすぎてしまい、彼氏に振られてしまう。ある日ひょんなことで出会ったディランとジェイミーは「恋愛感情無しのカジュアルな付き合い」をすることに。お互いWin Winの関係だったが、次第に気持ちの変化が表れます。果たして、彼らの男女の友情はどうなるのか。。。?!

 

 

クライマックスのシーンはニューヨーク観光地のど定番の一つ、グランドセントラルステーションです。

Grand central

 


 

ウォール街に激震が走った驚愕の実話

 

2013年に摘発された事件の取材記事を下に映画化された「ハスラーズ」。世界的シンガーのジェニファー・ロペスカーディー・B、そして「クレイジーリッチ!」でヒロインを演じたコンスタンス・ウーなど、豪華キャストが勢揃いの映画です!

 

 

【あらすじ】
家族を養うためストリップクラブで働き始めたディスティニーは、ある日トップダンサーとして活躍するラモーナに出会う。2人は姉妹のように仲良くなり、協力して大金を稼ぐようになる。しかし、2008年のリーマンショックをさかいに、ストリップクラブで働くダンサーたちに不況の波が押し寄せる。生活に困窮した2人は、ストリッパー数人でタッグを組み、ニューヨーク・ウォール街の裕福な男たちから金を騙し取る計画を企てる。

 

 

ニューヨークが舞台のドラマや映画の多くは、ニューヨークの華やかなところだけが映し出されています。

 

 

しかし実際は、あんな小さな街に億万長者からホームレスまで、信じられないほどさまざまな人がひしめき合って生きているのがニューヨークです。

 

 

確かにニューヨークは、華やかで素敵な場所ですが、一方で多くの人が生活に困窮しており

 

 

家族を養うために、学費を払うために、多くの若者がストリップクラブで働いています。

 

 

カーディー・Bも歌手になる前はストリップクラブで働きながら大学に通っていたそうです!

 

 

ニューヨークという街は、まさに世の中の縮図だなあと感じます。

 


 

主役は全員女性

犯罪映画オーシャンズシリーズの一つで、主役は全員女性の「オーシャンズ8」です!

 

 

オーシャンズ8のメンバーには、先ほどからおなじみのアン・ハサウェイ、クレイジーリッチ!にも出演しているオークワフィナ、そして世界的シンガーのリアーナなど

 

 

個人的に私が大好きな役者さんが出ていることもあり、お気に入りの映画の一つです!

 

 

【あらすじ】
史上最強の犯罪ドリームチームであった「オーシャンズ」のリーダーであるダニーの妹デビーが刑務所から出所後、早速盗みの計画を企てる。今回の盗みのターゲットは、人気女優がファッションの祭典「メッドガラ」で身につけるカルティエのネックレス。この計画を実行に移すべく、ダニーは優秀な仲間たちをスカウトしていく。

 

 

メッドガラの祭典中にカルティエのネックレスを盗むシーンは、8人のチームワークと緻密な計画が垣間見れ、「こんなことよく考えられるよなあ」と感心させられます。

 

 


 

ニューヨークを守るスーパーヒーロー

2002年に1作目が公開されてから、これまで21作も映画化されているスパイダーマン。(アニメ版・スピンオフ含む)

 

 

普通の高校生だったピーターが、ある日をさかいに特殊能力が備わり、スーツをきてスパイダーマンになります。

 

 

そして、市民の平和を守るために、モンスターなどの敵と戦うというところは、どの作品も共通しています。

 

 

個人的には、2012年に公開された「アメイジング・スパイダーマン」が一番好きです。(2014年には続編の「アメイジング・スパイダーマン2」が公開されています)

 

 

ニューヨークにあるウィリアムズバーグブリッジでモンスターと戦うシーンは、見ていてとても迫力があります!


 

ど定番のホームコメディ映画

「世界で一番有名なホームコメディ映画」と言っても過言では無いのが、「ホーム・アローン」ではないでしょうか?


 

ホーム・アローンシリーズの「ホーム・アローン2」は、クリスマスシーズンのニューヨークが舞台となっています。

 

「ホーム・アローン2」には、当時実業家だったトランプ元大統領も出演していますよ!

 

クリスマス旅行に家族とフロリダへ行くはずが、間違えてケビンだけニューヨーク行きの飛行機に乗ってしまうところから話が始まります。

 

 

知恵をふりしぼりあらゆる方法で難を逃れていくケビン。特に、数々のワナを仕掛けて泥棒をやっつけるシーンは、毎度ながら面白く見応えがあります!

 

クリスマスのニューヨークを楽しみたい方に、ぜひオススメの映画です!

全部の映画を無料で見る方法


 

アマゾンプライム会員になると月額500円(大学生・専門学生は250円)で映画が見放題です!

 

 

また、アマゾンプライム会員には初回30日間の無料体験があります。(大学生・専門学生はなんと6ヶ月間!)

 

 

年末年始の長いお休みの間、家で退屈に過ごすのは非常にもったいないですよね。。。

 

 

今年の冬は、ニューヨークの映画を見て観光した気分になりませんか?

 

 

お休みに入る前にアマゾンプライム会員になり、年末年始は無料で映画を見まくりましょう!

この記事が面白いと思った方は、
ぜひ「いいねボタン」のクリックをお願いします
Yukiko

日本生まれ日本育ちの純ジャパ。
日本の大学を卒業後日本で4年半社会人生活を送り、渡米。ニューヨークにある大学院を卒業後、就職でミシガンへ。企業で働きながら、ミシガンライフを謳歌中。
MORE

Yukikoをフォローする
NEWSLETTER

以下のボックス内にメールアドレスを入力し、
「ブログをメールで購読」をクリック

EnglishLifestyleNewYork
My Colorful Life

Comment

タイトルとURLをコピーしました