映画「ドリームプラン」がマジで最高だったよというハナシ

ドリームプラン

みなさん、こんにちは!Yukikoです。


第94回アカデミー賞でウィル・スミスが主演男優賞を


受賞した映画「ドリームプラン」を最近観たのですが


控えめに言ってめーーちゃくちゃ良かったんです!


基本的に映画鑑賞があまり好きでは無い私ですらも


久々映画で感動して、涙腺ゆるゆるになってしまうほどでした。



ウィルスミスの平手打ち事件が起こり


この映画が変に注目されてしまったことが気の毒だと思うほど


この映画は、素晴らしい作品だと思います!!!!


「ドリームプラン」を観たい方は、U-NEXTもしくはアマゾンプライムで観れますよ!



世界最強のプロテニスプレーヤーであるヴィーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹の


父親リチャード・ウィリアムズにスポットライトを当てた映画です。


かつてのテニス業界は「白人のスポーツ」とされていたなか


貧困層出身の黒人かつテニス未経験のリチャードは


プロのテニスプレーヤーが高額賞金を受け取る姿を見て


娘2人をテニスプレーヤーに育てようと思い立ち、独学で娘達のテニス指導をします。


映画を見た感想ですが。。。


まず、ウィル・スミスの演技がめーーーーーちゃくちゃ良かったです!!!!


見た目や表情、声色や英語の話し方など


本人のリチャード・ウィリアムズとそっくりですし


娘達を大事に想う気持ちがどのシーンでも伝わるほど


すごく良い演技だったと思います。


「アカデミー賞で主演男優賞を取るのも納得だな〜」と思うほど良かったです!



また、アメリカの社会事情、特に黒人コミュニティの中で


貧困から脱出することの大変さが垣間見えました。


リチャードの夢は、自分の娘達を立派なテニスプレーヤーとして育て上げることで


家族全員が何不自由なく裕福な暮らしができるようになることでしたが


テニスプレーヤーになる以前に、「生きていく上で大切なこと」をたくさん教えて


子供達の「人間力」を養うことに重きを置いていたところが


個人的には、とても共感したポイントでした。



常識にとらわれず、己の信じる道を貫き


娘達をプロのテニスプレーヤーに育てあげようとする姿を見て


「夢を叶えるために必要なこととは何か?」を学ばせてもらった感じがします。


ウィリアムズ姉妹は、プロのテニスプレーヤーになるべくしてなったんだなあと納得の映画です。





子育て中の親御さんや人生に悩んでいる人など


多くの人に見てもらいたい映画です!


「ドリームプラン」を見てみたいなあ〜という方は


U-NEXTもしくはアマゾンプライムで観れるので、試しに登録してみてくださいね!

 いいねお願いします 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの純ジャパ。
日本の大学を卒業後日本で4年半社会人生活を送り、渡米。ニューヨークにある大学院を卒業後、就職でミシガンへ。企業で働きながら、ミシガンライフを謳歌中。

コメント

コメントする

目次
閉じる