アメリカでクビを宣告された時の話。コロナ禍で本当に大変でした。

abouttogetfiredCareer

こんにちは、Yukikoです。

 

 

今回は、タイトル通り「アメリカでクビを宣告された時」の話をしようと思います。

 

 

と言っても、クビを宣告されただけで、最終的にはクビにはなっていないので、今は大丈夫です!

でもあの頃は本当に本当にツラかった。。。

 

 

この記事が面白いと思った方は、記事の終わりにあるいいねボタンのクリックをお願いします!

 

全てはあいつから始まった

そうです、全てはあのコロナウィルスから事件は始まりました。

covid19

2019年8月に大学院を卒業し、9月にOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)を利用し、ミシガンで就職しました。

OPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)とは?
アメリカの大学や大学院を卒業した留学生が、アメリカで就労できる制度です。OPTをしたい留学生は、大学や大学院での専攻科目に関連した職業に就く必要があります。OPTの期間は、文系の学生は1年間、理系の学生は最大3年間となっています。

そして就職の際に、会社から「OPT期間が終了する頃に就労ビザを申請しましょう」という話がありました。

 

 

私の大学院の専攻科目が文系だったので、OPT期間は1年間でした。そして、私がOPTで働ける期間は2020年9月の中頃まででした。

 

 

入社後、少しずつ必要な書類を集めながら、人事部とやりとりを始めていた矢先

 

 

2019年の12月ごろからコロナに関するニュースが流れ出し、数ヶ月後の2020年3月にはミシガンで初の感染者が報告されました。

一時期ミシガンの感染者数は全米で3番目に多かったほど大変でした

 

 

その次の日にオフィスで働いていると

 

 

明日からオフィスへの出勤不可。全員自宅から勤務するように!

 

 

と人事からの通達がありました。その後、バタバタと急いで自分のデスクにある荷物をまとめ、家に帰りました。

 

 

そしてあっという間に、街全体がロックダウンになり、スーパー以外は基本的に全てクローズになりました。

 

 

このコロナパンデミックの時のように、日常生活がここまで変わったことが今まで無く

 

 

夢のような、映画を見ているような感覚に近く

 

 

「大変なことが起こったなあ。。。」と、あの頃はそこまで自分ごとのように捉えていなかったと思います。

pandemic

え?ビザの面接ができない?

最初は2週間のみのロックダウンでしたが、州知事により何度かロックダウンの期間が延長されていた頃でした。

 

 

ある日、当時のマネージャーから「ビザのことで話がしたい」と連絡がありました。

 

 

話の内容は

・コロナの影響で在日アメリカ大使館の業務が停止中(いつ再開するかは未定)
・私のOPTが2020年9月で切れるので、8月末までに大使館でビザ面接を受けて就労ビザを取らないといけない
・もし8月末までに面接を受けられなかったら、契約満了(つまりはクビ)

とのことでした。

 

 

また、私の会社は日本にもオフィスがありますが、当時コロナの影響で人件費削減となり、日本のオフィスでの新卒および中途採用も中止になっていました。

 

 

そのため、日本側での引き取り案も現実的ではないとの話でした。

 

 

「とにかく今できることは、ビザの申請に必要な書類をすぐに集めて、面接予約をすぐにしてください」とのことだったので

 

 

人事と弁護士のやりとりを急ピッチで進め、数日間で書類を準備し、大使館のWebサイト上で面接予約をしました。

 

 

私自身、学生ビザを取った時にビザの面接予約をしたことがあります。当時はコロナ前の2017年だったので、予約できる枠はたくさんあり、普通に2週間後とかで面接日を設定できるくらいでした。

 

 

しかしコロナパンデミックが起こり、日本が初めての緊急事態宣言を出した2020年4月下旬時点において、面接予約の画面上では、5月から7月は予約不可となっており、唯一8月だけが空いている状態でした。

「8月には大使館も面接業務を開始するという予定なのでは?」と思いましたが、その時点では再開日は未定で、この先の予定が全く読めないとのことでした。

 

 

マネージャーに相談し「万が一のことを想定して、8月末付近に面接日を設定しておいた方がいいのでは?」とアドバイスをもらい、面接日を2020年8月24日(月)に設定します。

この判断が結果的に功を奏します!

我慢の限界「なんで私だけこんな目に?」

このビザ面接の一件で、一気に自分のメンタルがやられました

 

 

知らない土地に引っ越してきて、まだ1年も経っていない、知り合いもまともに居ない中

 

 

毎日誰とも会わず独りで過ごさないとならず、ストレスフルな生活を送っていた頃に

 

 

まさに私は首の皮一枚繋がれた崖っぷち状態に陥りました

 

 

生きた心地がせず、まともに寝ることも食べることもできなくなり、パソコンを開いてマウスを握ることだけが、当時の私の精一杯できることでした。

 

 

家で独りで仕事をしながら

 

 

「なんで私だけこんなことになってるん?」

 

 

と悔しさと悲しさと怒りと、色んな感情が入り混じり、涙が止まらなくなったこともありました。

 

 

20歳の時に行ったイギリス留学で、世界のスケールの大きさに感動し

 

 

「20代で海外へ旅立ち、異国の地に根を張り生活してみたい」と夢を抱きました。

 

 

それから必死に働いて貯めたお金を握りしめ、26歳の時に念願のニューヨークへ留学ができました。

 

 

そのままニューヨークで就職したかったのですが、希望叶わず、ミシガンのミの字も知らないままミシガンへ移り、就職したばかりでした。

 

 

自分の力が及ばずビザが取れないのであれば、それはしょうがないなと諦めがつきます。

 

 

しかし、今回はいきなり起こったワケの分からんウィルスの仕業。

 

 

このワケの分からない外的要因のせいで、ビザの面接すら受けさせてもらえない、挑戦すらさせてもらえない

 

 

今までの努力、今までの私の想いって一体なんやったんやろ?

 

 

と独り部屋で大泣きしました。

今思い出しても泣きそうになるくらい、あの頃は孤独で辛かったなあ。。。

 

そんな状態が何日も続いたある日、鏡を見ると、今まで見たことないほど自分の顔がげっそりしており、頬は痩けて、首の筋がまるっきり見えるほどやつれていました。

 

「これはやばい」と思って、意識的にご飯を食べるようにし、両親とのFacetimeでは、私がここまで弱っていることを悟られないように、気丈に振る舞っていました。

捨てる神あれば拾う神あり

5月に入り、ミシガンのルールが少し緩和された頃、何かのきっかけでミシガンでできたアメリカ人の友人と連絡することがありました。

 

 

当時は、その子とそこまで仲良くなかったので、どんな人かあまりわからないまま「実はこんなことがあって〜」と私のビザ面接の話をしました。

 

 

すると、私のことをすごく心配してくれて、「ルールも緩和されたし、ちょっと会おうよ!」と誘ってくれたので、その子が住んでいたシェアハウスに遊びに行きました。(当時のルールを守った上で会いました)

 

 

久々に人と会い、すごくホッとしたのと同時に、私のことを全然知らないのに「大丈夫?」とみんなが気にかけてくれて

 

 

やっと生きた心地がしたのを覚えています。

people around the world

それからも、ルールを守った上で定期的に会うようになり、楽しい時間を過ごすことができたので、ビザのことはとにかく考えないようにしていました。

再びメンタル崩壊、しかし一筋の光が。。。!

5月から6月の間は、このビザ面接についてはあまり考えないようにして、とにかく楽しく過ごしていました。

 

 

徐々にこのパンデミックの状況に慣れてきている中、ときどき大使館の状況を調べるようにしていました。

 

 

しかし、一向に業務再開の気配はなく、そのほかの詳しい状況説明もなされていない状態が続きました。

 

 

そして、7月に入っても同じ状況が続いており

 

 

当時のマネージャーが、なんとか私の雇用を守ろうと日本のオフィス側に、ビザ面接が再開されるまでの一時的な引き取りの交渉を色々な部署に掛け合ってくれていました

 

 

しかし、返答はかなり後ろ向きな反応でした。

 

 

私の中で「クビ」という2文字が具体的に見えてきて、自暴自棄になっていた時に

 

 

7月20日頃、ついに大使館の面接業務が再開されるという旨が発表されました!

Thumbs up

Webサイト上でその告知文を見た時は、飛び上がるほど嬉しく、これまでの想いが溢れ出して大泣きしたことを覚えています。

 

 

その後、すぐに日本行きのチケットを予約し、8月上旬に日本へ帰国しました。

 

 

帰国後、2週間の隔離を経て、8月24日(月)に無事面接を受けることができ、就労ビザを取得できました。

 

 

ちなみに、4月の時点で面接予約をしたときに、もし8月1週目にしていたら。。。

 

 

2週間の隔離期間を確保できず、面接を受けれなかったので

 

 

オーバーかもしれませんが、本当に「奇跡の連続だったなあ」と今でも思います。

この経験から学んだこと

今回このように崖っぷちに立たされて、本当に色んなことを学びました。

 

 

人との出会いは本当に大事だということ

 

 

何度でも復活できるということ

 

 

私よりも大変な状況で日々生活をしている人

 

 

安全に暮らせる家があり、食べ物に困ることなく生活が送れることが、どれだけ幸せなことなのか

 

 

ありきたりですが、この一件で痛いほど理解しました。

 

 

今回私は文字通り、クビになる一歩寸前まで追い込まれました。

 

 

この一件を通して、自分がいつクビになってもおかしくない、仕事を失ってもおかしくない、お金を稼げなくなってもおかしくない

 

 

そして、会社に依存した状態がどれだけ危ないことなのか、身をもって実感しました

 

 

だからこそ、一社員として企業に属しながらも、精神的にも金銭的にも自立した人になりたいと強く思うようになりました。

 

 

そして、前回の記事で話している最近経験したアイデンティティクライシスを経て、自立することへの想いがさらに強くなりました。

自立するために身につけたいスキル

まずはこのブログ運営に集中して、自分の中で一つ確立させたいと思っています。

私のブログもココナラを利用して作ってもらいました!

そしてブログだけではなく、他にも身につけたい知識やスキルがあります。

英語学習

「アメリカにいるのに英語の勉強?」と疑問に思われるかもしれません。

 

 

アメリカで普通に生活するだけじゃ、英語をネイティブレベルで話せるようにはなれません。

English Grammar in Use Book with Answers: A Self-study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

在米5年目でもわからないことだらけなので、このテキストを買いました。

 

アメリカで生活しながら、日々英語の勉強を続けないと、語学のブラッシュアップはできないのです。

 

 

かくいう私は、渡米後日々の生活に追われて、毎日生きるのに精一杯な中「これ以上英語の勉強をしたくない!」とずっと逃げてきました。

 

 

日々英語ネイティブの人と過ごしていると、自分の英語のレベルが本当に低く感じて、話したくなくなる時も多々あります。

 

 

キャンブリーは世界中の英語講師から、いつでもどこでもレッスンが受けられますよ!
でもこれからはもう逃げません。
英語を話すことに対する苦手意識を払拭したいので、英語の勉強始めます。

ITスキル

アメリカに来てから特にITスキルの必要性を感じました。

 

それまでは「私にはプログラミングなんて絶対できない」と思っていました。しかし、ITスキル全般の必要性と需要の高さを目の当たりにし、学習意欲が高まりました。

 

HTMLやCSSなどの基本的なコードから、PythonやSQLなどのプログラミング、そしてデータ分析を学びたいなと考えています。

お金の勉強

20歳の時に海外移住を志してから、お金のやりくりには気を配っている方でした。

 

しかし、26歳の時にニューヨークへ留学し、本当にお金のやりくりに苦労しました。

 

あの時の自分に言いたいです。「Yukiko、株やれ!」と。

 

それだけ株式投資は大事です。
知っていれば得をし、知らなかったら損をするので

 

 

お金の知識を身につけて、お金を賢く運用していきたいです。

なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? 21世紀のつながり資本論

世界各国のお金の価値観やお金の仕組みについて、世界一周の旅を通じて「世界のお金事情」について学んだ著者の体験談とともに、非常にわかりやすく説明されています。金融リテラシーを高めるための第一歩として、ぜひオススメしたい本です!(私も何度も読み直しています!)

世界一やさしい 米国株の教科書 1年生

株式投資を始めたい方はぜひ米国株の投資をおすすめします!この本は「米国株のいろは」を詳しく説明しています。今まで株式投資をしたことがない人や、株式投資について全く知らない人など、初心者向けの本です。私も我流で米国株の投資を始めましたが、専門用語や米国株の仕組みなど、知らないことも多かったので、一から学びたいと思い、今この本を読んでいます。
家計管理から資産運用まで体系的に学べる女性のためのスクールがコチラ!

元お笑い芸人ファイナンシャルプランナーが教える! 世界一笑えてわかりやすいお金の増やし方

この本の著者のマネーセミナーに以前参加しました。元お笑い芸人の方なので、資産運用などの一見難しく感じる内容も、とても面白く楽しく学べました!

2020年は世界中の人にとって、本当に大変な年でしたね。

 

 

かくいう私も御多分に洩れず、自分のメンタルを安定させるのに本当に大変でした。

 

 

この一件を通して「止まない雨は無いとはこういうことなんだな」と実感しました。

 

 

今後、困難な状況に陥った時は、今回と同じく周りの人に助けてもらいながら、一つ一つ乗り越えていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました