私が実感したインスタグラムのネガティブな一面と対処法をお話しします

インスタグラム

みなさん、こんにちは!Yukikoです。



今回のブログは


インスタグラムのネガティブな一面


というテーマでお話ししていきます。


インスタグラム


インスタグラムを使っていて


ちょっと疲れてきたなあ〜


と感じている人に読んでもらいたい内容です!

目次

実は10年弱使っているインスタグラム

少し前まで、私はインスタグラムのヘビーユーザーでした。



もともと写真を撮ったり見たりするのが好きだったこともあり



2012年ごろにインスタグラムができてから、一気にハマりました。



渡米後も



「ニューヨークやミシガンでの生活を伝えたいな」と思い



インスタグラムに写真やストーリーを投稿していました。


写真


また写真やストーリーを投稿するだけではなく


観光地やレストランなどのおすすめスポットを調べたり
ファッションやインテリアの参考にしたり
個性あふれるインスタグラマーを見たり


インスタグラムであらゆる情報を入手していました。



しかし、2021年に入ってから、だんだんインスタグラムに疲れてきた自分がいました。


「アカウントを消そうかな」と考えるほど疲れてた


遂にはインスタグラムから少し距離を置こうと思い



2021年の秋ごろから、基本的にインスタグラムをあまり使わないようにしています。


使う頻度を圧倒的に減らした


そして、ちょうど私がインスタグラムから距離を置き始めたころ



美容ブランドのLUSHが、インスタグラムを含むSNSアカウントの停止を発表しました。


TwitterとYoutube以外は全て停止しているそう


NYに恋して☆ | ガイドブックに載っ...


LUSHは「SNSによる人々のメンタルヘルスへの悪影響」に危機感を覚え



「SNSの使用停止」という判断に至ったそうです。

インスタグラムの進化と共に少しずつ芽生えた違和感

私がインスタグラムを使い始めたときは



今のように色んな機能があったわけではなく



正方形の写真をフィードに投稿する機能しかありませんでした。


smartphone


それから徐々にインスタグラムが流行りだし



映える写真を投稿する「インスタ映え」という言葉ができました。



その後、スナップチャットを参考に作られた「ストーリー」機能により



フィードの投稿に比べて



より手軽に、簡単に「今」という瞬間を写真や動画で共有できるようになりました。



そして、もともとは一般人が趣味で楽しむだけのインスタグラムだったのが



広告が掲載されるようになったり



インスタグラム上で商品の購入ができるようになったり



だいぶビジネス寄りのSNSになったと思います。



最近ではTikTokを参考にして作られた「リール」機能により



写真だけではなく、1分弱のショート動画が流行っています。



このように、インスタグラムが出来た当初に比べて



最近のインスタグラムは「ものすごいたくさんの情報」で溢れています。


インスタグラムはもはやSNSのコンビニ

インスタ


機能が充実し、インスタグラムをどんどん手軽に楽しめるようになった一方で



本音を言うと、インスタグラムがどんどん安っぽいものになっていってる気がしていました。



そして、インスタグラムの進化とともに長年使っていた身として



インスタグラムのネガティブな一面を見るようになりました。

ポジティブなことしか投稿してはいけない空気感

「インスタ映え」という言葉が出てきたように



インスタグラムに投稿される写真や動画の多くは



ポジティブで華やかでキラキラしたものばかりです。


ネガティブなことを言ってはいけない空気感

しかし、ポジティブな情報に偏っているインスタグラムは



情報ツールとしては弱いと思います。


fantasy

また



インスタグラムは画像や動画がメインであり、文字の情報量が圧倒的に少ないこと

そして

ショート動画でもわずか1分ほどの動画であること



これら2点から思うことは



インスタグラムから目に入る情報を感情的に受け取るようになってしまい



「無駄に感情が疲れてしまうのでは?」と思います。



日常生活はもちろん楽しいことばかりではなく



辛いことやしんどいこともたくさんあり



何かしら悲しみを抱えている人や悩みを持っている人もいます。



インスタグラムでポジティブなものを見て、楽しくなる人ももちろんいるとは思いますが



一方で、辛い立場にいる人を逆にもっと辛くさせる可能性もあると思います。



ネガティブな感情を抱いている人からすると



ポジティブな情報で偏ったインスタグラムに「共感する」のは、なかなか難しいのではないでしょうか。


sad


そして、たとえば日常生活で思い悩むことがあった時に



一時的にインスタグラムで「現実逃避」ができたとしても



解決策を見つけるなど



悩みに向き合ったり、自分自身に向き合ったりしないと



根本的に解決しないままで「ずっと辛いままなのでは?」と思うんですよね。

見る必要のない情報が目に入るようになった

インスタグラムでは、「ストーリー」機能ができてから



より気軽に、そして簡単に「今」の自分を投稿できるようになり



常に誰かの日常を垣間見れるようになりました。



そして、フィードやストーリーだけではなく



企業の広告やショート動画のリールにより



インスタグラムのユーザーは



日々、膨大な量の画像や動画を意図せず受け取るようになりました。


thinking


しかし、私たちは一日24時間の中で



あらゆるジャッジをしていかなくてはなりません。



日々過ごしていく中で、何気なく開いたインスタグラムから



自分が意図していない大量の情報を受け取ると



頭も心も疲れてしまい、適切な判断ができなくなります。


一時期ほんと疲れ果ててた


日常生活において正しいジャッジをしていくためには



適切な情報を適正な量だけインプットする必要があると思います。

インスタグラムは日常生活をただ「切り取った」もの

SNSができてから



いつでもどこでも簡単に人の生活を覗き込めるようになり



人とリアルに繋がっている感覚になりやすいと思います。



特に、インスタグラムに投稿されるものは



「インスタ映え」やポジティブなものばかりで



それらは「人に褒められたり、認められること」をねらったものばかりです。


online connection


インスタグラムを使っていると



インスタグラムで目にするものが、まるで日常生活の全てとなっているかのように



そして、たくさん加工された写真がまるでホンモノであるかのような



そんな感覚に陥るでしょう。



最近のインスタグラムは



本来の「写真を楽しむ」という使い方から



徐々に、人との繋がりを重視し



「人からの見られ方」を気にした使い方に変わっていっている気がします。


selfie


しかし、人からどれだけ「いいね」と称賛されたとしても



自分が自分のことを「いいね」と思っていない状態は、あまり良くないと思います。


正直シンドイ


まずは自分の価値を自分で認めること



そして、偽った自分ではなく、本来の自分を肯定的に受け入れること



が大事だと思います。


My Colorful Life
ファッションで社会問題を解決する「エシカルファッション」で自己肯定感が上がった話 みなさん、こんにちは。Yukikoです。今回は久しぶりに、私の好きなファッションについて、語りたいと思います。…


自己肯定感を上げる方法は色々ある

SNSの闇を暴いているドキュメンタリー

SNSは今や「無くてはならない生活必需品」と言えるほど



日常生活のあらゆるシーンで使われています。



しかし、SNSがあらゆる弊害をもたらしているのも事実です。



Netflixのドキュメンタリー「監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影」では



「SNSのネガティブな一面」や「人々に及ぼしている悪影響」について説明しています。



インスタグラムなどのSNSは、多くの時間とお金をかけて



ユーザーがSNSに夢中になるようなシステムを設計していること



そして、ユーザーはSNSに監視され、支配されている



ということがこのドキュメンタリー内で紹介されていました。



また、SNSは特に若者への影響が大きく、SNSの使用は若者にとって



自己肯定感を下げる原因となっていることや



過激な思想を抱かせる原因にもなっているようです。



実際に、未成年のうつ病発症率は、SNSが流行り始めてから大幅に上がっているそうです。

インスタグラムは「考えて」使った方がいい

これまで、私が考えるインスタグラムのネガティブな一面を説明してきましたが



「みんな今すぐインスタグラムをやめろーーー!」



と主張しているわけではありません。



私自身、これまでインスタグラムを楽しく使っていた時期もありましたし



今でもインスタグラムから色んなインスピレーションを得ることもあります。



なので、現時点でインスタグラムのアカウントを消して、完全に辞める予定はありません。



しかし



以前のように、インスタグラムをやみくもにガンガン使うことは、もう無いだろうな



と今のところ思っています。



それは、これまで話してきたように



私自身がインスタグラムのネガティブな一面を実感したからです。


Phone


もし、今インスタグラムを使用していて



「ちょっと疲れたなあ〜」と思っている方がいたら。。。



今後インスタグラムを使用するにあたって


どんな情報を伝えたいか


そして


どんな情報を受け取りたいか


を考えて使用していくと



楽しくインスタグラムを使えるようになると思います。。。!



ちなみに、私自身インスタグラムを今後どのように使っていくかというと



インスタグラムを使い始めた頃のように



純粋に写真を楽しむということを目的に



風景の写真などを投稿していこうかな〜と



今のところ考えています。


予定は未定


そして、インスタグラムで伝えられる情報はかなり限られているので



本当に伝えたいことは、このブログで伝えていきたいと思っています。


My Colorful Life
SNSで簡単に繋がれる時代との向き合い方 こんにちは、Yukikoです。今回はSNSについてお話ししたいと思います。先日以下の文章を私のインスタグラムの…


こちらの記事も合わせてどうぞ!

 いいねお願いします 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの純ジャパ。
日本の大学を卒業後日本で4年半社会人生活を送り、渡米。ニューヨークにある大学院を卒業後、就職でミシガンへ。企業で働きながら、ミシガンライフを謳歌中。

コメント

コメントする

目次
閉じる