【体験談】ニューヨークで実際に遭遇した恐怖体験をお話しします!

ニューヨーク恐怖体験

みなさん、こんにちは!Yukikoです。



このブログでは、私がニューヨークで実際に遭った恐怖体験をお話します。


Scary


ニューヨーク在住の方やニューヨークへ旅行する予定がある方
ニューヨークや海外に興味がある方
海外旅行の予定がある方


など、多くの方にぜひ読んでいただきたい内容です!

 

この記事が面白いと思った方は、記事の終わりにあるいいねボタンのクリックをお願いします!

目次

ニューヨーク恐怖体験

このブログで話しているニューヨークとは、ニューヨーク市のことです。



ニューヨーク市はニューヨーク州にある街で



5つの区域(マンハッタン・ブルックリン・クイーンズ・ブロンクス・スタテンアイランド)



で構成されています!


渡辺直美さん、ピースの渡部さん、KEMIOさんなどが住んでいる街




コロナパンデミックの影響で、今でこそニューヨークの治安が少し悪化しているようですが



私が住んでいた頃 (2017年-2019年) のニューヨークは、基本的にはとても安全でした。


Times square


それでも、2年間ニューヨークに住んでいた中で



「怖!」と感じるような出来事がありました。

地下鉄での恐怖体験

とある日の夕方6時ごろ、地下鉄に乗り、席に座って携帯を触っていました。



すると、すごいクセのある英語で誰かが暴言を言っているのが聞こえてきました。



そして、私の目の前の席からものすごく視線を感じました。



「なんなんやろー?」と不思議に思い、ちらっと前を見てみると。。。



ホームレスっぽい人が座っていて



私の方を睨みながら、あきらかに私に対して暴言を吐いていました。


subway


「おい、私かい!」と心の中でツッコミつつも。。。



当時の私の英語力が低すぎたのと、とにかく英語がすごくなまっていたので



具体的に何を言われたのか、全然わかりませんでしたが。。。



「F○ck」や「S○it」など、まあまあ汚い言葉をずっと吐いていたので



私に対してとにかく文句を言っていたのは確実です。


ストレス溜まってたんかなー


その時、車内には私たち以外にも普通に人がいた状態でしたが



「ちょっと怖いな〜」と感じたので、別の車両に移動しました。



別の車両へ移動後、その人が追いかけてくる様子もなかったので



「やれやれ〜」と思いながら、降車駅に着くまで携帯を触っていました。



しかし、降車駅に着き、ドアが開いた瞬間



なんと後ろから、その人が現れて



私の目を見て暴言を吐きながら、スっと電車から降りていきました。



その時は、さすがに油断をしていたので



彼が現れたときは、心臓が止まりそうになる程、めっちゃくちゃ恐怖を感じました。



そのあと、彼の姿が見えなくなるまで、しばらくその駅のホームで待機し



前後左右チラチラ見ながら、家まで走って帰りました。笑

地下鉄で絡まれたときの対処法

ニューヨークの地下鉄で誰かに絡まれた時は、とにかく相手にしないほうがいいと思います。


相手が何をするか分からないので


地下鉄に乗ってて「怖い」と感じることが起こったら



別の車両に移動するか、次の駅で一旦降りて別の電車に乗りましょう。



そして、携帯を触るのをやめて、イヤホンも外し、意識を周りに向けましょう。

油断禁物

コロナ後の地下鉄は治安が悪化しているそう

私が住んでいたころは、コロナパンデミックが起こる前だったので



この地下鉄での恐怖体験以外に「怖い」と感じるようなことはありませんでした。



しかし、最近TwitterやYoutubeを見ていると



ニューヨーク在住の日本人の方が



「地下鉄の雰囲気が悪くなっている」と話しているのをよく目にします。



最近では、ニューヨークの観光地として有名なタイムズスクエアの地下鉄で



アジア人女性が線路に突き飛ばされる事件が発生しました。



ニューヨークの地下鉄はストリートパフォーマンスも盛んで、観光スポットとしてもオススメですが



地下鉄を利用する際は、十分に気をつけましょう!

ニューヨーク市内の移動はシティバイク(Citi Bike)がおすすめ

ニューヨーク市内の移動であれば、地下鉄以外にも方法はあります!

その一つが自転車です。

CIti bike


ニューヨークではこの青色の自転車をよく見かけます


「シティバイク(Citi bike)」はレンタル自転車のバイクシェアプログラムで



ニューヨークのいたるところにステーションがあり、いつでも気軽に利用できますよ!


自転車でニューヨークの街をめぐるのも楽しいのでオススメです!

空港での恐怖体験

次はニューヨークにあるジョン・F・ケネディ国際空港で



なんとぼったくりに遭ったハナシです。。。

surprised face


2019年の夏頃、私の友人が日本からニューヨークへ遊びにきてくれた時のことです。



数日かけてニューヨークを観光した後、深夜便でロサンゼルスへ行くために



友人とジョン・F・ケネディ空港へ向かいました。

JFK


空港到着後、別のターミナルへ移動しないといけなかったので、



ターミナル間を運行しているAir trainを利用しようと、駅のホームで待っていた時でした。



突然、ある男性が近づいてきて



「もうAir trainはやってないよ」



と声をかけられました。そして



「臨時でシャトルバスが出ているから、ステーションまで連れて行ってあげるよ」



と半ば強引に連れて行かれたんですね。


今思えばすごく強引な客引きだった


事情があまり飲み込めなかったので、とりあえず


Air trainが運休していること
代わりに無料のシャトルバスで別のターミナルへ行ける


ということはもう一度確認した上で、彼に着いていきました。



空港の外にでて、少し待っていると



黒い車が目の前に現れて、その車に乗るように指示されました。


しかも結構ボロボロな車


乗車する前に、もう一度



「行きたいターミナルに無料で連れて行ってくれるんだよね?」



と確認して「Yes」と言われたので、その車に乗りました。



しかし、乗ってすぐに



「そこの検問所を通過するのに$200かかる」



と言われたんです!!!!


日本円で2万円くらい


さすがにこれは無いと思って



「話が違う。さっき、あなたが無料だと言ったから乗った。$200なんてありえない」



と言い返しました。



それでも



「クレジットカードで払ってくれたらいいよ〜」としつこかったので



「あなた達がこのシャトルバスは無料だと言ったので払わない。今すぐ降ろせ」



と支払わない姿勢を崩さず



「とにかく直ちに車を停めろ」



と断固拒否しました。



最終的には元々いたターミナルにすぐ戻ってもらえたのですが、降りる時に



「少しでもいいから金くれよ!」と粘られたんです。



その時は「絶対払わんぞ」と心を鬼にしていたのですが。。。


スーツケースを車のトランクに置いていたこと
降りる際に、スーツケースを渡されずに立ち去られたら困る


と思って、そのとき持っていた所持金$2(笑)を渡したんですね。


日本円で200円くらいね


そしたら



「こんだけかよ!ケチ!」と暴言を吐かれて



「あんた本当にアジア人かよ」と罵られました。


アジア人はカモだと思われている


そのあと空港の中に入り、警備員に事情を説明して、警察を呼んでもらいました。



警察からは



「Air trainが運休するなんてあり得ないから、そんな話に乗っちゃだめだよ」



と言われました。そして



同じようなぼったくり被害が多発しており



被害者の大半がアジア人で、ひどいケースだと$500支払った人もいるそうです。



警察に報告後、Air trainにもう一度向かったところ



私たちと同じ被害にあった人がいました。


多分ぼったくり犯は同じ


彼らも同様「Air trainは運休している」と言われて、強引に空港の外へ連れて行かれたそうですが



変だと思って車には乗らず、Airtrainに戻ってきたそうです。

空港で客引きにあったら。。。

どうやら、ジョン・F・ケネディ国際空港でぼったくりの被害が多発しているようです。



私のような、ターミナル間の移動でのシャトルバス詐欺だけではなく



タクシーを名乗り目的地まで行った後、法外な金額を請求されたパターン



なども起こっているようです。


JFKの周りはあまり治安は良くないしね。。。


まず、私のようにシャトルバスの客引きに遭った場合は



無視するか、空港の中へ一旦逃げたほうがいいです。



彼らは空港の中には絶対入って来ず、必ず外で客引きをします。



また、空港からタクシーを利用する際は



イエローキャブに乗車するかUberを利用するのが無難です。


イエローキャブはニューヨーク市公認のタクシーです!イエローキャブに乗る時は、乗車前に値段を聞いてから乗りましょう!


ニューヨーク


Uberの登録がまだの方はコチラ↓から!

Uber配車サービス


ニューヨークはネットが使えた方がいいよ

ニューヨークは日本ほど安全ではないこと



そして、大都市なのにフリーWifiが無いところが多いです。



いざという時に、ネットが使える状態であれば



電話で助けを求められること



また、Google翻訳が使えるのでとても便利ですよ!


海外旅行にWifi持っていきたいな〜


という方にオススメなのが『jetfi』です!



jetfiの良いところは、なんといっても「手軽さ」なんです!


・申込から最短で翌日発送(自宅などの指定住所から、コンビニ・郵便局でも受取可)
・利用終了後は、専用封筒でポスト投函するだけ!


jetfiの海外Wifiプランだと、アジアプラン580円/日・グローバルプラン680円/日で利用できます!※500MB/日
インスタグラム: (閲覧利用) 約30分  LINE: (テキストトーク) 約5,000通  Googleマップ: (目的地検索) 約100回
※データ容量(500MB)の目安

1日500MBあれば十分でしょう!

でもやっぱりニューヨークは楽しい

ニューヨークでの恐怖体験をお話ししましたが



ニューヨークが嫌いになったかと言うと、全くです!


むしろ今でも大好きです!


あの小さな街に世界中からたくさんの人が訪れ



日々過ごしていく中であらゆる人に出会い、あらゆる言語に触れられます。


ニューヨークはまさに「世界の縮図」


ニューヨークは教育、ビジネス、アートなど、あらゆる分野で盛んです。



歩いているだけでワクワクが止まらない楽しい街ですよ!


My Colorful Life
家にいながらニューヨークを楽しもう!ニューヨークが舞台のオススメ映画8選 みなさん、こんにちは。Yukikoです。毎年12月は、ある時期をさかいに私の中で特別な月になりました。 Vie…


映画でニューヨークを楽しむのもアリ!

 いいねお願いします 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの純ジャパ。
日本の大学を卒業後日本で4年半社会人生活を送り、渡米。ニューヨークにある大学院を卒業後、就職でミシガンへ。企業で働きながら、ミシガンライフを謳歌中。

コメント

コメントする

目次
閉じる