「人との付き合い方」を見直して自己肯定感が上がったハナシ

自己肯定感

みなさん、こんにちは!Yukikoです。



今回は


人間関係


をテーマにお話していきます。


ゆびきりげんまん


私自身、このブログを再開したのが2021年の秋ごろですが



ブログの再開と同時に


人との付き合い方


を見直しました。



そして、なぜその話をするかと言うと



ちょうど私が「人との付き合い方」を見直した時に



同じように「人付き合いを見直した」と言っている方を目にする、耳にする機会が増えました。


特にアラサー世代!



それで


これってもしかして、同じように悩んでいる人がいっぱいいるんじゃないかな?



と思ったんですよね。


このブログは


なんだかモヤモヤした気分が続く
自分に自信がない
なんか寂しい
人間関係に悩んでいる
将来に不安がある


という方に、ぜひ読んでいただきたいです!


 

この記事が面白いと思った方は、記事の終わりにあるいいねボタンのクリックをお願いします!

目次

期待すべきなのは「他人」じゃなくて「自分自身」

このブログを読んでくださっている方で何かしら人間関係の悩みを持っていたら。。。



これ、実は結構悲しい事実でもあるのですが



人って家族や恋人でない限り、実はそこまで「他人のこと」を気にしていなかったりするんですよね。


それが人間だったりする


だからこそ、他人に期待するのではなく、自分自身に期待したほうがいいんですよね。

人は「ワタシ」のことをそんなに求めていない

そもそも、私の性格は



良く言えば情にアツく、悪く言えばただのお節介

そして

良く言えばまっすぐ、悪く言えばウソがつけない人



で、性格診断で有名な16パーソナリティでは、ENFJです。

ENFJ
(Reference:16Personalities)


くわえて、私はどちらかというと男っぽいところがあり



昔から「彼氏がどうのこうの〜」という話題だけで繰り広げられる上辺だけの女子会が苦手で



深い友情関係を築きたいタイプでした。



また、不器用な性格のため



「嫌なことは嫌」とストレートに表現してしまうところがあり



昔はよく口喧嘩もしていました。


Friends


でも、最近になって



「私が理想とした友情関係はただのひとりよがりなだけやったんかもなあ」



と気付かされたことがあったんです。


私と同じ熱量で向き合ってくれる人は居ないのかも。。。?


もともと私は人に対して恐らくバカ真面目に、そしてバカ正直に向き合うタイプだったんだと思います。



そのため、私自身が人間関係に悩むこともありましたが



「それが自分という人間だ!」



と半ば、開き直っていたんです。


「そんな自分自身に自分自身が慣れたほうがいい!」という感じで。


でも、アラサーへ突入してから



仲の良かった友人達に




「なんでそんな友達に対してアツく考えられるのかわからない」

とか

「そんな友達のことばっかり考えてたら彼氏が嫉妬するよ」

とか

「結婚したら、夫さえいれば良いってなるよ〜」



という感じで、色々言われることが続いたんですよね。



そして、はっと気付かされたんです。



結局多くの人にとって、友情よりも「恋人の愛情」が必要だったり


恋人という存在は結婚すれば家族になるしね


多くの人にとって、友達って別にそこまで大きな存在じゃなかったりするのかな〜と。



ちなみに私はストレートなので、恋愛対象は男性ですが



恋愛以前に、友情関係を大事にしたいタイプなので

一時期、ああやって言われることが続き、正直悲しくて結構落ち込みました。


私のアイデンティティを完全に否定されたような感じ


きわめつけは、ある日夢で友人達から



「あんたのそういうアツくるしいところがキライやねん!」



と色々コテンパンに言われる夢を見たり。。。笑



今まで私が良かれと思ってやってたことや



「友人のために」と思ってやってたことって



「もしかしたらめちゃくちゃ迷惑やったんかもしれへんなあ」とも思うようになりました。


文字通りただの「ひとりよがり」やったのかも


たそがれ


きっと当時の私と話をしてて見かねた友人達が



私を心配して、私のために言ってくれた言葉達だと思うので



しばらくは感傷的になっていましたが、今は私に色々言ってくれた友人達に感謝しています。


人からの忠告には素直に耳を傾けられる人間でありたい

「ワタシ」が一番「ワタシ」のことを求めている

「十人十色」という言葉があるように、人の生き方や考え方は人の数ほどあるんだと思います。



特に20代後半から30代前半は



結婚、出産、子育てや



転職したり、留学したりなど



ライフステージがガラっと大きく変わる人がたくさんいるでしょう。


まさにリアル版人生ゲーム


そして、人生のターニングポイントとなる一つ一つの選択は、「自分自身のため」にしているはずです。



だからこそ、まずは「自分の幸せ」を第一に考えないといけないんですよね。


自分のことを大切にしよう


そして、自分自身が幸せになるための行動を起こしていく必要があります。


シアワセ


これまで人に捧げていた時間、傾けていた情熱



これからは自分自身に対してかけてあげましょう。。。!

リスペクトの気持ちを持って人と距離を置く

ライフステージが変わると



これまで楽しく話せていた友人と話が合わなくなることもあると思います。



また、生活環境が変わり、新たな人間関係を築く中で



どうしても合わない人が出てくると思います。



その時は、スッと離れることも「相手を思いやる方法」の一つなんですよね。


縁があれば今後また仲良くなることもある


バレンタインデー2


そして、自分の幸せのために自分の時間を使っていく中で



そんな自分と仲良くなりたいと思ってくれる人や応援してくれる人がまた現れるので



そういう人たちとの縁を大切にしていけばいいんだと思います。


自分軸を大切に!

人付き合いの見直し=自分との向き合い方を見直すこと

人と距離を置き、自分の道を歩むには「孤独」がつきものですが。。。



本来、人にとって、自分の一番の親友は


自分自身


なんです。



人との付き合い方を見直し、自分自身に集中すると、自己理解を深めることができるので



これも「自己肯定感」を高める方法の一つなんです。


あわせて読みたい
【謹賀新年】「書くこと」は自分を信じる力になる〜私のnote bookへのこだわり〜 新年明けましておめでとうございます。Yukikoです。ゆく年くる年、2018年になりましたね〜。皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。 こちらニューヨークは、この2週間...
あわせて読みたい
ファッションで社会問題を解決する「エシカルファッション」で自己肯定感が上がった話 みなさん、こんにちは。Yukikoです。今回は久しぶりに、私の好きなファッションについて、語りたいと思います。 https://apricotblog.com/newyork/japanese_fashion ニ...


自己肯定感は自分で上げられる

おすすめ映画〜ワタシが私を見つけるまで〜


「ワタシが私を見つけるまで」



ニューヨークで楽しく暮らす若者たちの「他人に依存しない生き方」を描いています!



世界屈指のビジネスの街ニューヨークに暮らす人達は、仕事や日常生活に目標を持って生きている人が多いため



わりと自分の機嫌は自分でとり、自分で自分を楽しませる人が多くいるように思います。



この映画を見ると「誰かに依存しない生き方ってかっこいいなあ」と思うようになりますよ!



アマゾンプライム会員になると月額500円(大学生・専門学生は250円)で映画が見放題です!


初回30日間の無料体験あり(大学生・専門学生は6ヶ月間)


音声アプリVoicyのおすすめ〜美輝エルメさん〜


ニューヨークで「デジタルマーケティング戦略スペシャリスト」として活躍中の美輝エルメさん。


ジムで運動しながら色んな方のボイシーを聞くのが最近の日課


私と同じ年代の美輝さんがボイシーで



「無理な人付き合い」をやめた話をされていらっしゃいました。



話の内容もすごく共感できるものばかりで



「私も頑張ろう!」と励まされました。。。!


ながらボイシーがオススメです!

上手くいかない時は人間関係を見直すいい機会

心の中で何かがつっかえているような、モヤモヤした気分が続く時こそ



人間関係を見直すいい機会です。



世の中には、自分の力でどうにもこうにもならないことがたくさんありますが



自分自身は変えられます。



他人へ過剰に期待することを一旦やめて



自分が幸せになるために、たくさん時間をかけてあげていきましょう!


あわせて読みたい
私が実感したインスタグラムのネガティブな一面と対処法をお話しします みなさん、こんにちは!Yukikoです。今回のブログは インスタグラムのネガティブな一面 というテーマでお話ししていきます。 インスタグラムを使っていて ちょっと疲れ...


ちなみにインスタの使い方も見直したので、まだの方はコチラ!

 いいねお願いします 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日本生まれ日本育ちの純ジャパ。
日本の大学を卒業後日本で4年半社会人生活を送り、渡米。ニューヨークにある大学院を卒業後、就職でミシガンへ。企業で働きながら、ミシガンライフを謳歌中。

コメント

コメントする

目次
閉じる