留学費用を貯金する方法〜600万円貯めて大学院留学した私がお話しします〜

留学費用を貯める方法

こんにちは!Yukikoです。


英語学習やワーホリ、大学進学など


あらゆる目的で海外留学を目指す方がいると思います。


どんな留学方法でも、必ずと言っていいほどネックになるのが「留学資金」


私もアメリカへ大学院留学した身なので


日本で働きながら、留学資金をかき集めるのに苦労しました。

手取り月20万円だったよ

この記事では、約5年弱の社会人生活で600万円貯金した私より

留学資金を貯金する方法


について、お話ししていきます。

この記事が面白いと思った方は、記事の終わりにあるいいねボタンのクリックをお願いします!

目次

お金が貯まる仕組み

Money

このご時世、ほとんどの人がお金を貯めるのに使用するのが「銀行口座」


アルバイトや仕事で得た給料が銀行口座に振り込まれて


家賃や光熱費、食費や衣類代などの生活費が銀行口座から引かれますよね。


このように、何かしら得たお金から諸々のコストを引いた際に


銀行口座に残っているお金が「貯金」になります。


そして、この貯金額を増やしていくには。。。

最大限の収入と最小限の支出


がカギになります。


この収入と支出をバランスよく保てると。。。


毎月一定のお金を貯めていくことができます。

留学費用を貯める方法

「海外留学やってみたいな〜」と思っていても


留学をするのに必要な準備をしないと、いつまでもたっても実現できませんよね。


そして、留学準備の中でも「お金」は一番の重要事項。

何百万もお金を貯めるのって大変そう


と怖気付いている方もいらっしゃるかもしれませんが。。。


ご安心ください。


少しずつ貯金に取り組んでいけば、お金は確実に貯まっていきます。


以下、私が留学資金を貯めるためにやったことを紹介します!

ご参考ください★

貯金の目標と計画を立てる

peace

これは物事全般に言えることですが


どんな物事でも、達成するには「目標と計画」をしっかり立てることが大事です。


自分のゴールが明確にあり、そのゴールに対しての道のりを具体的に描けると


自分のやるべきことが見えてくるからです。


ここで大事なのは。。。

「いつ」までに「いくら」貯金したい


というように、できるだけ数値化して具体的にしていくこと。


留学でかかる総費用から現時点の貯金額を差し引きすると


これから貯めないといけない貯金額がでてきます。


そして、「その貯金額をいつまでに貯めないといけないのか」を把握し


年単位、月単位で目標貯金額を設定していくと。。。


留学までの貯金計画がどんどん具体的になっていきます。

留学プランが具体的に出せない時にすること

Yukiko

海外留学には興味があるけど


いつどこで何がしたいか、まだ全然イメージがつかない。。。


っていう人、いると思います。

私もそうだった


私自身の話をすると。。。


「20代のうちに海外移住がしたい」という強い想いがあったものの


「どこで何がしたいのかさっぱり分からず。。。」というような感じでした。


そんな時にオススメしたいのが

一番お金がかかる留学プランを参考にする


ということ。


お金が結構かかる留学プランとは。。。


物価が高い国の学校に通うことなんですよね。


学費や住居費などの生活費を算出すると、どれくらいの留学費用が必要なのか出てくるので


それを一つの目標にして、貯金計画を立てていくようにしましょう!

支出の洗い出し&管理

Yukiko

貯金の目標と計画が決まれば、次は支出の洗い出しです。


毎日仕事や学校で忙しく過ごしていると、何にどれだけお金がかかっているのかなんて


なかなか気にしてられないもんですよね。


そんな時にオススメなのが。。。

 ①クレジットカード
 ②家計簿アプリ


を使用することです。


現金払いをやめて、クレジットカードで支払うようにすると。。。


全支出額を明細書で把握することができるので、オススメです。

現金払いだとレシートの管理が面倒


また、家計簿アプリを使用すると、家計の収支をいつでも気軽に確認できるので


貯金への意識を高められるところが◎

支出の見直し

Otani

支出の洗い出しができれば、次は支出の見直しです。


ここで大事なのが、支出の大きいカテゴリ。


特に、毎月支払わないといけない固定費で金額が大きいものから


見直していく必要があります。


固定費の中で、特に大きな割合を占めるのが

 ①家賃
 ②車
 ③スマホ代


です。

家賃

タートルベイ2

家賃は固定費の中で一番と言っていいほど大きい支出です。


そして、ここの費用を抑えれれば抑えるほど


ラクにお金を貯めることができます◎


私の話をすると。。。日本いる間はずっと実家に住ませてもらっていたので


家賃はかからず、その分貯金に回せていました。

めちゃデカい


色んな都合でどうしても実家に住めず


自力で住まないといけない方もいらっしゃると思いますが


そんな方にオススメなのが「シェアハウス」


シェアハウスだと、独りで住むよりも家賃を浮かせられること。


また、留学先では大体の場合がルームシェアになることが多いので


日本で先に経験しておいて、慣れておくということもアリです◎


シェアハウス探しにオススメなのが「オークハウス


オークハウスでは、敷金礼金・連帯保証人不要。


家具家電付き、 インターネット接続料が家賃に含まれており


毎月の家賃もアパートと比べて安いので


支出をおさえて貯金したい方にオススメです★

車を持つとなると。。。なんだかんだお金がかかるんですよね。


車本体だけではなく、駐車場代やガソリン代、自動車保険に車検など


総額すると結構な支出になるのが車。

まじでお金がかかる


生活に支障がでなければ、車は持たないに越したことはありません。


生活スタイルを工夫して、車を手放せそうであれば手放しましょう!


ちなみに、私が日本にいた頃は車は持っておらず


どこかへ行く際は、徒歩・自転車・公共交通機関を使っていました。

通信費

Phone

固定費のなかで、なんだかんだ毎月かかってしまうのが通信費。


今の時代、スマホはマストアイテムですし、持たないなんて考えられないですよね。


ただ、このスマホ代も格安SIMを使用すれば、かなり費用をおさえられます。


楽天モバイルの格安SIMフリーだと、月1,078円で3GB使用でき


楽天回線エリア内であれば、3,278円でデータを無制限に使用できます。


契約初期費用や解除料もなく、いつでも解約可能◎


海外でも2GBまで使用可能なので、お得なプランですね!

貯蓄用口座へ給与天引き

Money

毎日忙しく過ごしていると、お金の管理も甘くなりがちに。


そんな時におすすめなのが「給与天引き」です。


日々発生する諸経費の支払い用とは別に、貯蓄用口座を作り


給与から決まった金額を天引きして、絶対引き出さないようにしておくと。。。


自動的にお金が貯まっていくので、オススメです。

友人関係の見直し

people around the world

お金の見直しは、実は生活全体の見直しにもつながります。


特に、友人関係でかかるお金というのは意外に大きいもの。


遊びに行くのに、交通費や飲食代、レジャー代など。。。


1回遊ぶだけで、結構大きくお金がかかっていたりします。


留学費用を貯めるという目標がある手前、やはり一時的でも我慢は必要だと思います。


たとえば、付き合いだけで行っていた遊びのお誘いを断るようにしたり


「飲み会は1ヶ月に1回のみ」など、遊びに行く回数に対して制限をかけるのもアリ。


もちろん、貯金をするために友人関係を見直すことも大事ですが


貯金に対してだけではなく「時間」に対しての考えも見直せるようになります。


「その飲み会は、自分にとって良い影響があるのか?何か得るものがあるのか?」


「遊びに行くその約束は、本当に自分のやりたいことなのか?今の自分にとって必要なことなのか?」


というように


時間への価値を見直すと、お金を散財することなく


本当に必要な時間、友人関係にだけお金を使うことができますよ!

ダブルワークで収入アップ

Study English

これまで支出管理の話をしてきましたが


「収入アップ」も実はすごく貯金には有効なんですよね。


支出をしっかりとコントロールできている状態で、収入が増えると。。。


増えた分だけ貯金ができるから。


会社員で副業OKな方や学生でアルバイトをかけもちできる場合は


仕事を増やして収入アップを狙うのも良いでしょう。


ただし、海外留学を目指しているのであれば、同時に留学準備も進めるべき。


特に語学習得は、できるだけ日本でしておいたほうがいいでしょう。


仮にダブルワークをすることで、語学学習の時間を確保できないのであれば


あまりオススメはできません。


まずは、今ある収入で支出のコントロールをして、貯金額を増やしていきましょう。

あわせて読みたい
【英語圏留学者必見】英語は必ず留学前に習得しよう〜おすすめの英語独学方法をご紹介〜 みなさん、こんにちは!Yukikoです。この記事では、アメリカやカナダなどの英語圏への留学予定がある方に向けて 留学前に日本で英語の勉強を必ずしておいたほうが良いよ...

とにかくお金をかきあつめる

Yukiko

留学するためには、軍資金である貯金は大事です。


自分で稼いだお金以外に何か収入があれば、それも貯金に回す気持ちでいましょう。


私の話で言うと。。。アメリカへ留学する前に祖父が亡くなり


祖父の遺産として、いくらか入ってきました。


あの頃の私としては、かなり助けになったので祖父に感謝しています。


それ以外であれば、奨学金なども大いに有効活用しましょう。


日本には、あらゆる団体が奨学金制度を設けているので、それに応募してみるのも◎


また、留学先の学校から奨学金が出る場合もあるので


受験時にしっかりリサーチすることが大事です!

私も学校から奨学金をもらいました!

留学プラン自体を見直すのもアリ

ワイキキ

留学資金を貯めていく中で、どうしても費用的にキツそうと思ったら


留学プラン自体を見直すのも良いでしょう◎


自分のやりたいことがそもそも今の留学プランじゃ無いとできないのか


別のプランだと、もう少し費用を下げた上で自分のやりたいことができるということも。


ちなみに私もアメリカへ留学する際に、何度かプラン変更をしましたし


アメリカに来てからも、当初の予定から変わったことがたくさんあります。


そういったことも含めて、色々な手段で情報収集をしていきましょう。


私の場合は、複数の留学カウンセラーに無料相談を受けに行き


色んな情報を入手して、選択肢をかなり広げることができました。


夢カナ留学は、相談者のやりたいコトを予算に合わせて留学計画を立てているオーダーメイドサービス。


直営の英語レッスンサービスを運営しているため


語学学校からの紹介報酬分などの費用がかかりません。


留学はしたいけど、金銭的に不安がある方は


一度「夢カナ留学」に相談してみるのをオススメします!

ワクワクする気持ちを忘れないで!

NewYork

留学費用をコツコツ貯めるのは、色々大変なこともあるでしょう。


「もうやってらんねーよ」と心が折れそうになる時も出てくると思います。


そんな時は、一旦肩の力を抜いて自分自身をゆるめてあげましょう。


気分転換をはかって、ちょっとお高めなご飯を食べても良し。


可愛い服を買ってテンション上げるのも◎


ツラくなったら留学後の生活をイメージしてみてください。


ずっと行きたいと思っていた国でやりたいことをやっている自分。


「海外留学」という一つの目標を達成するために、色んな努力をしてきたこと。


それによって、たくさんの自信がついていることでしょう。


しんどくなったときこそ、貯金する本来の目的を思い出して


ワクワクする気持ちを持つようにしましょう!

You can do it!

 いいねお願いします 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる